ゼット会の学習効果ってあるの?みんなの口コミ

ゼット会効果
塾に入れたいけど送り迎えが大変で、人とは違ったものをやらせたいと思い、ゼット会を選びました。

子供は小学2年生から中学3年生まで続けて成績アップの効果はかなりありました。

ゼット会をするようになり、成績が上がってくると子供が「塾に通っている子よりテストの点数がよかったよ」と自慢してくるようになり、親としてもちょっとうれしかったのを覚えています。

小学生コースは解説が詳しく、学校より先に行ったことや応用も話口調で書いてあったのですごく分かりやすかったようです。応用もしっかり解けていました。
中学生コースは、問題がかなりの難易度だったにも関わらず、解説が基本からなので、学校の難しい実力テストも簡単だったみたいです。
しかも中学生コースには、参考書がついてきます。高校生で教わる内容まで書いてあり、参考書も基本から書いてありました。どうしても分からなかった時に読んで良かったみたいです。
このおかげで、基本に戻ることができたみたいで、途中式を飛ばさずに落ち着いて問題を解くようになり、予習までやるようになりました。

ゼット会の進度が速かったので余裕を持って予習をすることができていました。

はじめは塾と掛け持ちをした方がいいのかと思っていましたがゼット会だけで志望校に受かることができました。学校より先のことを勉強させたい、基本から分かりやすく勉強させたいと言う方にオススメだと思います。

浪人時代にゼット会

ゼット会 効果
私は浪人時代に予備校と併用して、ゼット会を行っていました。

始めたきっかけは志望大学に記述式の問題が出題されるためでした。

予備校では、記述式の細かい添削をしてもらうのが難しく、どうやって対策を立てようかと考えて、色々調べた結果、記述式の問題が多く掲載されているゼット会の入会を決めました。

実際に問題を解いてみたところ、実際の入試問題並みにボリュームや解き応えもあり、実践演習にはもってこいの教材です。

テキストも、論理力が備わるようになっており、なぜこうなるかと問題の解き方を理論的に解説者してくれています。

基礎力が身につくため、応用問題が出題されても、ベースの基礎力で解いていける問題も増えました。

添削問題は、ボリュームもあり、慣れないうちは時間も掛かるかと思いますが、きちんとこなしていけば、段々問題の解き方にも慣れていき、本番も焦ることなく受験に望めます。

添削問題も間違っているところは、どこが間違っていて、どの様に答えを導いていくかと細やかで丁寧な字で、添削してもらえました。

しっかり取り組めば、必ず入試に力が発揮出来る教材です。