ゼット会中学生コースのほんとの評判ってどう?ママの口コミ

イラスト
息子が中学に入学してから、部活のサッカーにのめり込み、テスト期間以外は本当に勉強しなくなりました。

小学生の時は、成績も良く宿題も欠かさずやり、その他に家で学習ドリルなどにも取り組むような子でしたので、中学入学後のあまりの自宅学習時間の少なさに頭を悩ませていました。

 

中学一年の中間、期末テスト共に順位は学年の真ん中より下。

以前は自分は勉強が出来る方だと本人も思っていたようで、さすがに少しショックを受けていたようですが相変わらずサッカー漬けの毎日。

これではダメだと塾や通信教育を色々と調べ、いくつか資料請求し決めたのがゼット会でした。

 

私も学生時代ゼット会にはお世話になっていましたので信頼感がありましたし、シンプルで他社員教材に比べるとやや高度な内容が息子には合うのでは?と思ったので入会しました。

 

毎日宿題以外に、ゼット会のこれとこれだけはやってみてねと最初は半ば強引に私が毎日のタスクを決めてやらせる感じでしたが、息子は思いの外嫌がらずにやってくれ、教材が合っていたようで数ヶ月すると自分から帰宅後に机に向かう習慣が出来ました。

 

成績も徐々に上がり、現在高校二年生になった息子ですが、第一志望の高校に入れたため部活も勉強も楽しんでいるようです。

息子曰く、中学に入学してからすぐは部活が楽しかった上に、勉強が小学校より科目も増え複雑になった際に、自分でどう勉強すればいいか分からなかったそうです。

 

そんな時に、半ば私が強引に始めさせたゼット会の教材でしたが、そのおかげで自分の勉強ペースの基礎を作れたそうです。

今では、ゼット会の教材と市販の参考書など自分でセレクトしたものも併用して頑張っております。

ゼット会の中学受験コースの評判ってどうなの!?

ゼット会 中学受験 評判
今年、小学校の三年生になった我が子が私立受験に挑戦してみたいと言い出したので、チャレンジの普通の講座を続けながらZ会中学受験講座も取り始めました。

 

三年生用なので内容もボリュームもチャレンジと平行してやっていくには、今のところちょうど良い感じです。

 

私自身も中学受験を経て中学校から私立に通っていたのですが、志望校によってはだと思いますが、内容的にはこれだけだと「ちょっと足りないかな…」と感じています。

 

ただ、塾通いをする場合と比べ、通塾時間や費用の負担は格段に軽くすみますし、好きな習い事なども続けながら取り組めるので、倍率の高い私立や、私立の御三家などを目指す場合でなければ、三年生の学ぶ中学受験の教材としてはなかなかだど満足しています。

 

子供のやる気にもよりますが、ちゃんとこなせば、それなりのレベルの学校も狙えるのではないかなと思います。

 

ただ、高学年になるにつれてサボりがちになってしまうようならばかなりお値段はお高くついてしまいますが、中学受験用の塾に通うしかないかもしれません。

大学受験のためにゼット会に入会した結果!?

イラスト
私は大学受験勉強のためにゼット会に入会しました。

学校でもゼット会の英語の教材が使われていて、馴染みがあったので、他科目も個人的に申し込みました。

 

申し込んでみての印象はいままで読んでいた参考書などより、難易度が高いと感じました。

レベルを選べるようになってはいましたが、応用問題などが充実しており、じっくり取り組むのに役立ちました。

 

教材や参考書などはどれも厚めで、文字が多く内容が充実していて、大学受験でハイレベルな学校を目指している私にとってはとてもやりがいがありました。

テストや採点も多く、しっかりと添削されて帰ってきました。

 

きちんと毎回のテストをこなしていけるなら、学力は上がると思います。

私が選んだコースは、かなり添削テストの回数が多かったので、すべてをこなすことが大変でしたが、おかげでしっかりとした実力が付きました。

 

おかげで、受験も無事合格できたのでとてもよかったです。

ゼット会は難しいという人もいますが、受験するためにしっかり勉強したいという人にとってはとてもおすすめな通信教育だと思います。

 

受験生応援ストーリーZ会「クロスロード」

ゼット会のキャリアアップコースを受講した私の口コミ

イラスト
私は、仕事で英語を役立てる必要に迫られ、TOEICの得点アップのために、ゼット会の通信講座であるキャリアアップコースを受講しました。

600点突破コース、700点突破コース、800点突破コースとあり、まずは基礎固めにと600点突破を目指して勉強してみたところ、680点を越えることができました。

 

次の目標として、700点突破コースの教材を使って勉強してみたところ、715点を取ることができました。

現在は、800点突破を目指して勉強しているところです。

 

教材は、単語とイディオム、文法、リスニング、リーディングと四つに別れており、それぞれ薄いテキストで構成されています。

各単元ごとに取り組むべきポイントが明記してあるため、それを踏まえて学習すると腑に落ちとても分かりやすいです。

 

単元一回の量がそれほど多くなく、仕事でなかなかまとまった時間が取れない私にはとてもありがたく、朝と夜の通勤時間帯で効率よく学習を進めることができました。

 

また、本当に重要なポイントを集約しているためか、実際の過去問題をやってみたときに、テキストに出てきた単語や問題形式、問題傾向をよくみかけました。

こんなにも効果が現れる教材は出会ったことがなく、とても自分に合っているので、今後も学習を進めていきたいと思います。

ゼット会幼児と小学生のCMをYouTubeでまとめてみた!

Z会TVCM 幼児・小学生「未来へのバネ」篇

 

Z会TVCM 幼児・小学生「未来を支える根っこ」篇/おためし教材

 

ゼット会がおすすめな理由を書いてみた!

イラスト
ゼット会は、あまりテレビCMなどもしていて有名で、東大合格者を数多く出してます。

私は、実際にゼット会経験者なのでその理由が凄く分かります。

 

まず、要点をがっちりと抑えた教材が理解を深められます。

次に、良い意味で余計な遊びが無い教材なので、集中力が身につきます。

そして、ページ数が少ないのでやる気を駆り立てます。

 

やっぱり、お年頃なので遊びたいですし、テレビだって観たいです。

勉強時間は、短期集中が一番です。

それを叶えてくれるのがゼット会の教材です。

 

白黒の教材は、変に集中力を散漫になることなく、続けることが出来ます。

妙なキャラクターも登場せず、淡々と授業が受けられます。

高学年向けの教材がゼット会だなと思います。

 

本当の勉強の極意を知ってる人は、ゼット会を選ぶべきだと思います。

塾が主流となってますが、時間を有意義に使うとしたら、ゼット会を使って自主的に行う方が断然好都合だと思います。

 

計画的に勉強出来る人には、問題無く活用できると思います。

ゼット会は、分かりやすくまとめてるので、予習でも理解を深めることが出来るのでおすすめです。

ゼット会幼児コースの口コミを書いてみたよ!

イラスト
ゼット会の、幼児コースを受講していました。

選んだ理由は、幼児コースから高校生の大学入試のためのコースまで継続してあるのと、ゼット会利用者の大学進学率も良かったからです。

 

ゼット会の幼児コースは、子どもと親が一緒になって考える教材や、自分で考えてやるドリルに、絵本もついています。

他社の用なおもちゃやDVDなどはありません。

 

最初は、子どもが興味を持つかなと不安でしたが、子どもはキャラクターやおもちゃがなくてもひかれたのか、夢中になって取り組んでいました。

ドリルの内容のレベルも高く感じましたが、そこまでつまづくことなくやっていました。

 

親子でやる教材も楽しんで取り組み、私自身いろんな発見があり学ぶことがたくさんありました。

絵本は、持ち運びできる重さと大きさなので、公共の乗り物にのるときは持ち歩いて、飽きずに読んでいたので、助かりました。

 

ゼット会の幼児コースを始めて、子どもが今までより更にいろんなことに興味を持ったり、工作も多いので、手先が器用になったように思います。

ドラゼミやチャレンジよりゼット会をおすすめする理由!

イラスト
年中、年長のゼット会通信講座を長男に受講させていました。

ドラゼミ、チャレンジの資料も取り寄せてゼット会と比較しましたが、断然ゼット会だと思い、継続しています。

 

私が断然ゼット会にしたいと思った理由は大きく二点あります。

まず一点目は、毎日子どもが取り組む、いわゆるドリルの内容についてです。

 

ゼット会以外の通信教育のものは、ひらがなを書くこと、数字を書くこと、数字を読むこと等、小学校に入るに当たって、親が一番心配するであろうことに焦点を当てて構成されていると感じました。

 

ですが、ゼット会は上記のことはある程度踏まえながらもそこには重きを置かず、常識的な認識を問う問題(季節感、数の認識等、小学校受験に問われる基本的問題)が出されています。

 

ひらがなを書く、数字を書くなどはわざわざ通信教育でなくても、市販のドリルで十分ですが、常識的な問題を子供にわかりやすく問題として問うのものは、通信ではあまりないのではないかと思います。

 

あと一点は、親子で行う体験学習です。

これは小学校での理科や社会に繋がる体験学習であるのに、親子で楽しみながら取り組むことが出来るようによく練られたものです。

 

このおかげで、現在小学校二年生でまだ理科や社会は習っておりませんが、実験が好きで、実験の本を借りて自宅で行ったり、歴史に興味を持ち、博物館に通ったりしております。

ゼット会と勉強サプリってどっちがいいの!?

イラスト
「ゼット会と勉強サプリどちらがいいのでしょうか。」という質問を受けることがあります。

私の考えとしては、偏差値の高い学校に向けて受験勉強をしたいというならゼット会、学校の授業やテストについていけるようにしたい、もしくは学習の習慣を子どもに身に付けてほしいと思っているなら勉強サプリがいいと思っています。

 

金額だけで比較すると勉強サプリは月額980円とゼット会だけでなく他の教材と比べてもとても安いです。

なので、勉強の習慣をつけるというはじめの一歩は勉強サプリがおすすめなのではないでしょうか。

仮に子供がすぐ辞めてしまっても金額的な痛手が少ないのもはじめやすいと思います。

 

逆に真剣に受験と向き合っていくというのであればゼット会だと思います。

「ゼット会」と「勉強サプリ」をしている方のそれぞれの口コミを下に載せていますので、ご参考にしてみてください。

 

ゼット会の口コミ

イラスト
子供のころ、母に進められて、ゼット会をやっていました。

中学生になって、塾に行っている友達が多くなりましたが、私はクラブ活動が楽しくて、塾に行かずに、家でゼット会を勉強することにしました。
いま思うと教科書よりも、授業よりも、内容はずっと難しかったなと思います。

しかし塾には行かずに、ゼット会で、進学校に進んだ人が身近にいたので、私もがんばって受験に勝ちたいと思い、毎日机に向かってがんばって取り組みました。

 

絵はなく、シンプルな教材で、勉強するためのものという感じがしました。

途中で嫌になったときもありましたが、受験という目標があったのと、わからないことがくやしくて、卒業まで続けることができました。

 

おかげで勉強だけでなく、集中力も見についたように思います。

 

高校受験も無事に志望校に合格し、ゼット会をやって良かったなと思っています。

 

勉強サプリの口コミ

イラスト
娘は、かなりの面倒臭がりやで、勉強が大っ嫌いでした。

テスト勉強もしない、宿題もやったけど忘れたと嘘をついてまで提出を断り、授業中も絵を描いて全然先生の話を聞こうとしないちょっとした問題児でした。

 

テストも赤点取っても全く気にしなく、平気で私に結果を見せてくるような子で、このままじゃいけない!と思った私は塾に行かせてみました。

ですが、娘は塾の雰囲気に馴染めず学校以上に出る宿題にうんざりしている様子でした。

 

勉強をする機会を作ってやらせたいけど、嫌々させるのもどうなんだろうと思っていた時に、ある日CMで勉強サプリを知りました。

 

塾に行かずに家で勉強できるし、ipadで学習という言葉に娘は目を輝かせながら、これならやってみたいというじゃありませんか!

 

しかも月980円と塾と比較にならないくらい安い金額で家計の負担も減少で、親の私もうれしいので、さっそく申し込みをしました。

 

 

勉強が大っ嫌いで面倒くさがりな娘が自分から進んでやっている姿を見た時は思わず泣いてしまうくらい感動しました。

自分のペースで勉強できるので、はじめて勉強が続くし、楽しいといっていました。

 

この言葉を聞いた時、確かに楽しいって感情がないと勉強もそうですが何事も続かないですよね。楽しいって思うことがやる気にも繋がったんだなと感じました。

 

娘が勉強サプリのおかげで成績も伸び、集中する力もついてきたようです。

はじめさせて本当に良かったと思います。お金以上の価値はありそうです。

 

勉強サプリはこちら


→勉強サプリの評判と口コミをもっと見たいならコチラ

こどもチャレンジからゼット会の幼児コースに変えた私の理由!?

イラスト
現在5歳になる息子は赤ちゃんから年少さんまでの間は、トラのキャラで有名なベネッセのこどもチャレンジを受講していました。

赤ちゃんの頃は違和感なく、毎月送られてくるオモチャでよく遊びました。

1歳半を過ぎた頃、月齢にそった内容で送ってくださっているはずが、なんだか息子には物足りないように感じ始めましたが、オマケの玩具ほしさに続けていました。

 

1年後、たまたま息子より3つ上の近所のお兄ちゃんの家に遊びに行ったとき、ゼット会のテキストを見せてもらい、絶句しました。

というのは、『答え』が一つではない問題が多数掲載されていたからです。

 

春なら、なにも『桜』や『たんぽぽ』だけが答えではないんです。

実際に畑や道で目にしたり、肌に感じたりしたものを、自分で考えながら、想像も膨ませ、答えを導き出していくんです。

 

今までは、早朝バケツの水が凍っていたのに、それがいまでは水のまま。

それだって、自分が見つけた『春』の答えです。

そんな教材に刺激され、年中さんからゼット会幼児コースに入会しました。

 

実際に入会してみて、答えがいくつもあるなら、ただ解答を確認するだけでなく、親の私も、息子と同じ目線になり、一緒になって考える時間も増えました。

ゼット会は、『後延び』の子を増やすと聞いています。

ゆっくり確実に、学んだことが身についてくれたらと思います。

 

また、忘れてはいけないのが、ゼット会には『ペアゼットシート』なる冊子を添削してもらえるサービスもついています。

親子で、話しながら楽しくペアゼットシートを解いたあと、郵送すると、後日担当の先生が赤ペンでチェックして返送してくれるのも魅力です。

塾に通っている訳ではないのに、先生とのやり取りを通して、自分を理解してもらえるのがとても嬉しいらしく、毎回息子は張り切っています。

 

また、添削してもらうとポイントがもらえて、そのポイントを貯めると景品ももらえます。息子は粘土が欲しいそうです。

今は、ゼット会にして良かったと心から思っています。

中間テストが酷すぎてゼット会中学生コースに入った結果!?

イラスト
小学生の頃の勉強は、テストで100点を取ることなんかもあり、授業さえしっかりきいていれば大丈夫な子供でした。

自宅学習なんて宿題以外で見たことはありませんでしたが、それでも成績が良かったのでちょっと安心していました。

 

しかしいざ中学生になって、最初の中間テストも今まで通り、自宅学習せずに挑みました。

親の私が心配で「勉強しなさい」っと、注意しても聞き耳を持たず、新しくできた友だちと部活で毎日楽しく過ごしていました。

 

その為結果は、今まで見たこともない点数が並びました。

本人もさすがにショックを受けたみたいで、自宅学習をする気にはなってくれました。

 

しかし今まで自宅学習をした事がなかった為、勉強の仕方もわからないっと、困っていました。

塾の話をするも部活は続けたい、途中で帰ったりはしたくない、との事で塾は断固拒否。

 

そんな時に見つけたのが、ゼット会でした。自分のペースで勉強できるので、部活も今まで通り頑張れるし、勉強の進め方が凄くわかりやすかったみたいです。

惨敗だった中間テストの結果が、嘘のように右肩上がりに上がっていきました。

 

CMで見たりして知っていたのに、何で今まで思い付かなかったのか。

中学に進級の際に、初めておけばよかったねっと、今では息子と笑いながら話してます。

弟たちには、進級と同時に初めさせようと思っています。