ゼット会の学習効果ってあるの?みんなの口コミ

ゼット会効果
塾に入れたいけど送り迎えが大変で、人とは違ったものをやらせたいと思い、ゼット会を選びました。

子供は小学2年生から中学3年生まで続けて成績アップの効果はかなりありました。

ゼット会をするようになり、成績が上がってくると子供が「塾に通っている子よりテストの点数がよかったよ」と自慢してくるようになり、親としてもちょっとうれしかったのを覚えています。

小学生コースは解説が詳しく、学校より先に行ったことや応用も話口調で書いてあったのですごく分かりやすかったようです。応用もしっかり解けていました。
中学生コースは、問題がかなりの難易度だったにも関わらず、解説が基本からなので、学校の難しい実力テストも簡単だったみたいです。
しかも中学生コースには、参考書がついてきます。高校生で教わる内容まで書いてあり、参考書も基本から書いてありました。どうしても分からなかった時に読んで良かったみたいです。
このおかげで、基本に戻ることができたみたいで、途中式を飛ばさずに落ち着いて問題を解くようになり、予習までやるようになりました。

ゼット会の進度が速かったので余裕を持って予習をすることができていました。

はじめは塾と掛け持ちをした方がいいのかと思っていましたがゼット会だけで志望校に受かることができました。学校より先のことを勉強させたい、基本から分かりやすく勉強させたいと言う方にオススメだと思います。

浪人時代にゼット会

ゼット会 効果
私は浪人時代に予備校と併用して、ゼット会を行っていました。

始めたきっかけは志望大学に記述式の問題が出題されるためでした。

予備校では、記述式の細かい添削をしてもらうのが難しく、どうやって対策を立てようかと考えて、色々調べた結果、記述式の問題が多く掲載されているゼット会の入会を決めました。

実際に問題を解いてみたところ、実際の入試問題並みにボリュームや解き応えもあり、実践演習にはもってこいの教材です。

テキストも、論理力が備わるようになっており、なぜこうなるかと問題の解き方を理論的に解説者してくれています。

基礎力が身につくため、応用問題が出題されても、ベースの基礎力で解いていける問題も増えました。

添削問題は、ボリュームもあり、慣れないうちは時間も掛かるかと思いますが、きちんとこなしていけば、段々問題の解き方にも慣れていき、本番も焦ることなく受験に望めます。

添削問題も間違っているところは、どこが間違っていて、どの様に答えを導いていくかと細やかで丁寧な字で、添削してもらえました。

しっかり取り組めば、必ず入試に力が発揮出来る教材です。

中学生からゼット会をしてきた私の感想

イラスト
私がゼット会を始めたのは、中学生のときでした。

もしゼット会に入ろうと思っているのでしたら、ゼット会をするなら添削はしっかりと提出しましょうとお伝えしたいです。

 

なぜなら、添削を提出すると、丁寧な解法指導・何をすべきかのアドバイスなど毎月それが、励みになり学力が増すとともにずっとがんばって続けられたからです。

本人ができたと思っていても、指摘を受けると表面的な理解だけだったなんてことがありますし、弱点もわかってそれの克服にも役立ちました。

 

また私としては、ゼット会をはじめるなら小学生からがいいのではないかと思っています。

なぜなら小学生の勉強でつまずいてしまうと、中学・高校と勉強への取り組み方が変わってきてしまうと思うからです。

 

簡単に言えば、はじめが肝心ということです。

私は、中学生からはじめましたが、もし子供がいたら小学生から学ばせたいなと思います。

 

あと高校時代に、一度ゼット会を中断し塾にも通ってみましたが、結局、受身の授業と行き帰りの時間の有効利用ができず、ゼット会を再入会しました。

他の通信教育もありますが、大学受験を見据えるならゼット会が1番のおすすめではないでしょうか。

ゼット会中学生コースのほんとの評判ってどう?ママの口コミ

イラスト
息子が中学に入学してから、部活のサッカーにのめり込み、テスト期間以外は本当に勉強しなくなりました。

小学生の時は、成績も良く宿題も欠かさずやり、その他に家で学習ドリルなどにも取り組むような子でしたので、中学入学後のあまりの自宅学習時間の少なさに頭を悩ませていました。

 

中学一年の中間、期末テスト共に順位は学年の真ん中より下。

以前は自分は勉強が出来る方だと本人も思っていたようで、さすがに少しショックを受けていたようですが相変わらずサッカー漬けの毎日。

これではダメだと塾や通信教育を色々と調べ、いくつか資料請求し決めたのがゼット会でした。

 

私も学生時代ゼット会にはお世話になっていましたので信頼感がありましたし、シンプルで他社員教材に比べるとやや高度な内容が息子には合うのでは?と思ったので入会しました。

 

毎日宿題以外に、ゼット会のこれとこれだけはやってみてねと最初は半ば強引に私が毎日のタスクを決めてやらせる感じでしたが、息子は思いの外嫌がらずにやってくれ、教材が合っていたようで数ヶ月すると自分から帰宅後に机に向かう習慣が出来ました。

 

成績も徐々に上がり、現在高校二年生になった息子ですが、第一志望の高校に入れたため部活も勉強も楽しんでいるようです。

息子曰く、中学に入学してからすぐは部活が楽しかった上に、勉強が小学校より科目も増え複雑になった際に、自分でどう勉強すればいいか分からなかったそうです。

 

そんな時に、半ば私が強引に始めさせたゼット会の教材でしたが、そのおかげで自分の勉強ペースの基礎を作れたそうです。

今では、ゼット会の教材と市販の参考書など自分でセレクトしたものも併用して頑張っております。

中間テストが酷すぎてゼット会中学生コースに入った結果!?

イラスト
小学生の頃の勉強は、テストで100点を取ることなんかもあり、授業さえしっかりきいていれば大丈夫な子供でした。

自宅学習なんて宿題以外で見たことはありませんでしたが、それでも成績が良かったのでちょっと安心していました。

 

しかしいざ中学生になって、最初の中間テストも今まで通り、自宅学習せずに挑みました。

親の私が心配で「勉強しなさい」っと、注意しても聞き耳を持たず、新しくできた友だちと部活で毎日楽しく過ごしていました。

 

その為結果は、今まで見たこともない点数が並びました。

本人もさすがにショックを受けたみたいで、自宅学習をする気にはなってくれました。

 

しかし今まで自宅学習をした事がなかった為、勉強の仕方もわからないっと、困っていました。

塾の話をするも部活は続けたい、途中で帰ったりはしたくない、との事で塾は断固拒否。

 

そんな時に見つけたのが、ゼット会でした。自分のペースで勉強できるので、部活も今まで通り頑張れるし、勉強の進め方が凄くわかりやすかったみたいです。

惨敗だった中間テストの結果が、嘘のように右肩上がりに上がっていきました。

 

CMで見たりして知っていたのに、何で今まで思い付かなかったのか。

中学に進級の際に、初めておけばよかったねっと、今では息子と笑いながら話してます。

弟たちには、進級と同時に初めさせようと思っています。