ゼット会の学習効果ってあるの?みんなの口コミ

ゼット会効果
塾に入れたいけど送り迎えが大変で、人とは違ったものをやらせたいと思い、ゼット会を選びました。

子供は小学2年生から中学3年生まで続けて成績アップの効果はかなりありました。

ゼット会をするようになり、成績が上がってくると子供が「塾に通っている子よりテストの点数がよかったよ」と自慢してくるようになり、親としてもちょっとうれしかったのを覚えています。

小学生コースは解説が詳しく、学校より先に行ったことや応用も話口調で書いてあったのですごく分かりやすかったようです。応用もしっかり解けていました。
中学生コースは、問題がかなりの難易度だったにも関わらず、解説が基本からなので、学校の難しい実力テストも簡単だったみたいです。
しかも中学生コースには、参考書がついてきます。高校生で教わる内容まで書いてあり、参考書も基本から書いてありました。どうしても分からなかった時に読んで良かったみたいです。
このおかげで、基本に戻ることができたみたいで、途中式を飛ばさずに落ち着いて問題を解くようになり、予習までやるようになりました。

ゼット会の進度が速かったので余裕を持って予習をすることができていました。

はじめは塾と掛け持ちをした方がいいのかと思っていましたがゼット会だけで志望校に受かることができました。学校より先のことを勉強させたい、基本から分かりやすく勉強させたいと言う方にオススメだと思います。

浪人時代にゼット会

ゼット会 効果
私は浪人時代に予備校と併用して、ゼット会を行っていました。

始めたきっかけは志望大学に記述式の問題が出題されるためでした。

予備校では、記述式の細かい添削をしてもらうのが難しく、どうやって対策を立てようかと考えて、色々調べた結果、記述式の問題が多く掲載されているゼット会の入会を決めました。

実際に問題を解いてみたところ、実際の入試問題並みにボリュームや解き応えもあり、実践演習にはもってこいの教材です。

テキストも、論理力が備わるようになっており、なぜこうなるかと問題の解き方を理論的に解説者してくれています。

基礎力が身につくため、応用問題が出題されても、ベースの基礎力で解いていける問題も増えました。

添削問題は、ボリュームもあり、慣れないうちは時間も掛かるかと思いますが、きちんとこなしていけば、段々問題の解き方にも慣れていき、本番も焦ることなく受験に望めます。

添削問題も間違っているところは、どこが間違っていて、どの様に答えを導いていくかと細やかで丁寧な字で、添削してもらえました。

しっかり取り組めば、必ず入試に力が発揮出来る教材です。

ゼット会の中学受験コースの評判ってどうなの!?

ゼット会 中学受験 評判
今年、小学校の三年生になった我が子が私立受験に挑戦してみたいと言い出したので、チャレンジの普通の講座を続けながらZ会中学受験講座も取り始めました。

 

三年生用なので内容もボリュームもチャレンジと平行してやっていくには、今のところちょうど良い感じです。

 

私自身も中学受験を経て中学校から私立に通っていたのですが、志望校によってはだと思いますが、内容的にはこれだけだと「ちょっと足りないかな…」と感じています。

 

ただ、塾通いをする場合と比べ、通塾時間や費用の負担は格段に軽くすみますし、好きな習い事なども続けながら取り組めるので、倍率の高い私立や、私立の御三家などを目指す場合でなければ、三年生の学ぶ中学受験の教材としてはなかなかだど満足しています。

 

子供のやる気にもよりますが、ちゃんとこなせば、それなりのレベルの学校も狙えるのではないかなと思います。

 

ただ、高学年になるにつれてサボりがちになってしまうようならばかなりお値段はお高くついてしまいますが、中学受験用の塾に通うしかないかもしれません。

ドラゼミやチャレンジよりゼット会をおすすめする理由!

イラスト
年中、年長のゼット会通信講座を長男に受講させていました。

ドラゼミ、チャレンジの資料も取り寄せてゼット会と比較しましたが、断然ゼット会だと思い、継続しています。

 

私が断然ゼット会にしたいと思った理由は大きく二点あります。

まず一点目は、毎日子どもが取り組む、いわゆるドリルの内容についてです。

 

ゼット会以外の通信教育のものは、ひらがなを書くこと、数字を書くこと、数字を読むこと等、小学校に入るに当たって、親が一番心配するであろうことに焦点を当てて構成されていると感じました。

 

ですが、ゼット会は上記のことはある程度踏まえながらもそこには重きを置かず、常識的な認識を問う問題(季節感、数の認識等、小学校受験に問われる基本的問題)が出されています。

 

ひらがなを書く、数字を書くなどはわざわざ通信教育でなくても、市販のドリルで十分ですが、常識的な問題を子供にわかりやすく問題として問うのものは、通信ではあまりないのではないかと思います。

 

あと一点は、親子で行う体験学習です。

これは小学校での理科や社会に繋がる体験学習であるのに、親子で楽しみながら取り組むことが出来るようによく練られたものです。

 

このおかげで、現在小学校二年生でまだ理科や社会は習っておりませんが、実験が好きで、実験の本を借りて自宅で行ったり、歴史に興味を持ち、博物館に通ったりしております。

ゼット会小学生のほんとの評判って!?私の口コミ

イラスト
ゼット会を初めて知ったのは、市販の問題集を自分で選び、子どもに自宅で勉強を教えていた、子どもが小学生の時でした。

子ども自身も勉強に興味を持ち、進んでやってくれていたのですが、市販の問題集を手当たり次第にやるにも、学力の向上が目にみえることはないので、他との比較をする上でも何か通信教育を始めようと思っていた時にZ会を選びました。

 

よくある通信教育では、年齢に応じたものを選ぶとあまりにも簡単すぎて物足りなさを感じていましたが、ゼット会では、難解なレベルの内容の教材も選ぶことができたというのが大きなポイントでした。

自分の子どもにあったレベルを自由に選ぶことができたのです。

 

また、テストを行う際には、通常の全国での順位というものとは別に、子どもが目指す学校別の順位も示されたことで、同じ学校を目指す全国のライバルを知ることができたことも、子どものいい意味での競争心を刺激できたような気がします。

難解なレベルの教材を選んだことによって、子どもがわからなかった問題を、親が答えるにも困るような問題も中にはありましたが、そんな時も個別に問題を解説してくれるサポート体制が整っていたこともありがたかったです。

 

子ども自身が市販の問題集や、他の通信教育で物足りなかった勉強への好奇心を、ゼット会の適切なレベルの教材で刺激できたことが、Z会を選んでよかったと思ったことです。