ゼット会の学習効果ってあるの?みんなの口コミ

ゼット会効果
塾に入れたいけど送り迎えが大変で、人とは違ったものをやらせたいと思い、ゼット会を選びました。

子供は小学2年生から中学3年生まで続けて成績アップの効果はかなりありました。

ゼット会をするようになり、成績が上がってくると子供が「塾に通っている子よりテストの点数がよかったよ」と自慢してくるようになり、親としてもちょっとうれしかったのを覚えています。

小学生コースは解説が詳しく、学校より先に行ったことや応用も話口調で書いてあったのですごく分かりやすかったようです。応用もしっかり解けていました。
中学生コースは、問題がかなりの難易度だったにも関わらず、解説が基本からなので、学校の難しい実力テストも簡単だったみたいです。
しかも中学生コースには、参考書がついてきます。高校生で教わる内容まで書いてあり、参考書も基本から書いてありました。どうしても分からなかった時に読んで良かったみたいです。
このおかげで、基本に戻ることができたみたいで、途中式を飛ばさずに落ち着いて問題を解くようになり、予習までやるようになりました。

ゼット会の進度が速かったので余裕を持って予習をすることができていました。

はじめは塾と掛け持ちをした方がいいのかと思っていましたがゼット会だけで志望校に受かることができました。学校より先のことを勉強させたい、基本から分かりやすく勉強させたいと言う方にオススメだと思います。

浪人時代にゼット会

ゼット会 効果
私は浪人時代に予備校と併用して、ゼット会を行っていました。

始めたきっかけは志望大学に記述式の問題が出題されるためでした。

予備校では、記述式の細かい添削をしてもらうのが難しく、どうやって対策を立てようかと考えて、色々調べた結果、記述式の問題が多く掲載されているゼット会の入会を決めました。

実際に問題を解いてみたところ、実際の入試問題並みにボリュームや解き応えもあり、実践演習にはもってこいの教材です。

テキストも、論理力が備わるようになっており、なぜこうなるかと問題の解き方を理論的に解説者してくれています。

基礎力が身につくため、応用問題が出題されても、ベースの基礎力で解いていける問題も増えました。

添削問題は、ボリュームもあり、慣れないうちは時間も掛かるかと思いますが、きちんとこなしていけば、段々問題の解き方にも慣れていき、本番も焦ることなく受験に望めます。

添削問題も間違っているところは、どこが間違っていて、どの様に答えを導いていくかと細やかで丁寧な字で、添削してもらえました。

しっかり取り組めば、必ず入試に力が発揮出来る教材です。

高校生になってZ会の評判がいいのではじめました

明確な目標があるならぜひZ会をお勧めします

私が中学生のころ、学年の中でもトップクラスの男子生徒がZ会をしていました。

勉強ができる生徒は、塾の他にも何かしら通信教育をやっていたように思います。

私は進研ゼミ派だったのでZ会は高校からです。

なぜはじめたか、それはZ会の参考書がとても良かったからです。

ネットで「Z会 評判」で調べてみるといっぱいでてきます。

参考書はどれも有名でとても人気です。

受験したい大学の先輩からのアドバイスでもよく声が上がっていました。合格体験談で必ず出てきます。

過去問が多く使われているので、モチベーションもあがります。

有名大学を目指すならZ会、というイメージがありました。

実際Z会自体おもに上位大学向けに特化して作られているようでした。

現在はわかりませんが内容はシンプルで装飾は少なく、問題は過去の受験問題から抜粋したものが多かったように思います。

そして提出すると自分の全国の中での位置づけがわかるので、やりがいがあります。

ただ、子供に勧めるとしたら、本人もやる気があり、目指したい高校、大学がはっきりしている場合に限ります。

内容はやりごたえがあり十分に力はつきますが、やる気がないと続きません。

ある程度の基礎がある人や自分で意欲的に勉強できる人に向いています。

私は受験とは関係のない高等専門学校に通っていましたが、大学受験をしたくなり、まずは合格した人が何を使って勉強したかを調べ、独学で参考書を買い、Z会をやり、早稲田に受かりました。

ビリギャルじゃないですが、受験のための高校じゃないので最初の模試は偏差値40程度ですが70まであげました。

ちなみに中学でやっていたという男子生徒は、京大法学部に行きました。

大学受験のためにゼット会に入会した結果!?

イラスト
私は大学受験勉強のためにゼット会に入会しました。

学校でもゼット会の英語の教材が使われていて、馴染みがあったので、他科目も個人的に申し込みました。

 

申し込んでみての印象はいままで読んでいた参考書などより、難易度が高いと感じました。

レベルを選べるようになってはいましたが、応用問題などが充実しており、じっくり取り組むのに役立ちました。

 

教材や参考書などはどれも厚めで、文字が多く内容が充実していて、大学受験でハイレベルな学校を目指している私にとってはとてもやりがいがありました。

テストや採点も多く、しっかりと添削されて帰ってきました。

 

きちんと毎回のテストをこなしていけるなら、学力は上がると思います。

私が選んだコースは、かなり添削テストの回数が多かったので、すべてをこなすことが大変でしたが、おかげでしっかりとした実力が付きました。

 

おかげで、受験も無事合格できたのでとてもよかったです。

ゼット会は難しいという人もいますが、受験するためにしっかり勉強したいという人にとってはとてもおすすめな通信教育だと思います。

 

受験生応援ストーリーZ会「クロスロード」

ゼット会高校コースの評判ってどうなの?私の口コミ

イラスト
私は高校生の頃、数学・英語・化学・物理の教科を、ゼット会で学習しておりました。

今は国立医学部へ進学し、国家試験に向けて勉強しています。

 

それまで通っていた塾で、このゼット会を提案されました。

受験が理系科目重視ですので、理系科目の受講をし、また、個人的により勉強したいと思っていた英語も受講しました。

 

ゼット会の問題は、どれも非常に手ごたえのあるものでした。

これは私が難易度の高いコースを受講したこともありますが、数学などは高校の勉強とは違い、入試実践へとつながる問題が出題されていました。

 

この手ごたえが、受験をするうえで非常に役に立ちました。

普段の勉強では、わからない問題はすぐに解答をみてしまいます。

 

しかしゼット会の通信教育では、答えはその場にはありません。

また、ちょっと調べたくらいでは解答が見つかるような問題は少ないので、必然的に自ら考えて解答する必要がでてきます。

 

この「考える」ということをしっかりできるのが、ゼット会の魅力だったと思います。

難易度が高い、と書きましたが、自分のレベルによって、コースは選べます。

 

また、わからない問題でも、わかる範囲で解答すると、添削が返ってきます。

このおかげで、挫折せずに問題に取り組み続けることができました。

ゼット会は評判通りとてもよかったです。